カラコンの色でなりたい自分に。

最近は様々な色が登場しているカラコン。今まではカラコンといえばギャルがしている派手なもの…というイメージでしたが、様々なカラコンが発売され、今や年齢層を問わず幅広い世代の女性が手に取る時代です。コスプレ用に使うような派手な色から、絶妙なカラーでハーフに見えるものまで様々。今回は色と、装着したイメージなどを紹介したいと思います。まずは、カラコンの中でも「ふち」のみのディファインという種類。これは、黒目を色で囲むことによって目をくっきりとさせ、白目とのコントラストをつけることで目が大きく見えるという種類。


定番の黒は目がくりっとして少女のような印象に。ブラウンは自然に目を大きく見せることができ、黒よりも優しい印象になります。「ふち」のみでも目は大きく見えるので、初心者の方はディファインから初めてみると良いかもしれません。では、黒目中心のみ着色を抜いた全体にカラーリングされているカラコンについて。こちらもブラウン系が自然で、大きく見え、付けていく場を選びません。ダークブラウン系なら黒目がちな印象に、ベージュ系になるとハーフのような印象になります。次点で人気なのはグレーです。ブラウン系のように自然でありながら、知的でクールな目元に。こちらもハーフのようなイメージになるので、メイクも合わせてキリリとさせると全体がまとまります。ブラウン、グレーの次に自然なのは、以外にもグリーン。とくにカーキは日本人の目に馴染みやすく、優しい印象になります。


可愛らしいイメージになりたい方はピンク系を選ぶ方が多いようです。ふちは黒で囲われている場合が多いので、目を大きく見せながらピンク味を帯びた黒目で、少し甘えんぼな目元に。デートや気になる彼とのディナーなどのシチュエーションにぴったりのはず。もっと攻めのイメージにしたいという方にオススメなのはバイオレット系。鮮やかすぎるバイオレットはかなり服装や付けていく場所を限定しますが、意外と黒目に馴染んでピンクよりも落ち着いた雰囲気に。しかし光が当たるとバイオレットが覗くので、2面性を感じさせられます。はっきりと色を変えて、派手にしたいなら、やはりブルー系。ギャル系の派手な格好に似合います。しかし、最近はグレー系のカラーリングもありますから、ちょっと強めになりたい時はいいかもしれませんね。サイズも若い子向けの大きなものから、大人向けの黒目サイズのものまで様々。ワンデータイプも多く店頭に並んでいるので、洋服を選ぶようにその日の気分でカラコンを選んでみるのも楽しそうですね。